このブログを検索

2017年7月16日日曜日

日本の精神病院で「身体拘束」されたニュージーランド人男性が変死(エコノミークラス症候群?)

※ 静脈血栓塞栓症(じょうみゃくけっせんそくせんしょう, Venous thrombosis; VTE)とは、肺血栓塞栓症(英語: Pulmonary embolism; PE)と深部静脈血栓症(英語: Deep vein thrombosis; DVT)を併せた疾患概念である。下肢や上腕その他の静脈(大腿静脈など)において血栓(凝固した血のかたまり)が生じ、静脈での狭窄・閉塞・炎症が生ずる疾患。しばし無症状性であることが多い。
飛行機内などで、長時間同じ姿勢を取り続けて発症することがよく知られており、エコノミークラス症候群と呼ばれることもあるが、この呼称はエコノミークラス利用者に限定し発生する疾患との誤解を与える事から、欧米での呼称を訳した呼称の旅行者血栓症も提言されているが、バスなどでの発生は希れだとしてロングフライト血栓症も用いられている。
VTEは入院患者の主な死因の一つである。
脂肪、腫瘍、羊水、空気、造影剤、寄生虫、異物など血栓以外が原因となる事もあるが、多くの場合、血栓の全部または一部が、血流に乗って下大静脈・右心房・右心室を経由し、肺へ流れつき、肺動脈が詰まると肺塞栓症となる。肺動脈が詰まるとその先の肺胞には血液が流れず、ガス交換ができなくなる。その結果、換気血流不均衡が生じ動脈血中の酸素分圧が急激に低下、呼吸困難と脈拍数の上昇が起きる。
典型的な症状は息苦しさや息を吸うときの鋭い痛みで、失神、ショックが起きる事もあり、時に死亡する。



☆Kiwi family's heartbreak over son who died in psychiatric care in Japan
(ニュージーランド・ヘラルド)

(注:アクセスすると音声が流れる可能性がある)
http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=11889661

His mother and brother, Martha and Pat Savage, have spoken to the Herald about his death in the hope international attention on Japan's use of restraint on mental health patients will help force change.



☆New Zealand man died after being tied to bed in Japanese hospital, says family
(英紙ガーディアン)

https://www.theguardian.com/world/2017/jul/13/new-zealand-man-dies-tied-bed-japanese-hospital

Kelly Savage, 27, who also had US citizenship, died in May after a massive heart attack at the Yamato hospital, where he was admitted on 30 April following a manic episode with psychotic features.

忍者ソーシャルボタン