【メモ】苫小牧の至近には「ガス田」(勇払ガス田)がある

☆勇払ガス田

https://ja.wikipedia.org/wiki/勇払ガス田

勇払ガス田(ゆうふつガスでん)とは、北海道苫小牧市にあるガス田のこと。石油資源開発株式会社が開発し、天然ガスと同時に原油も生産されている(勇払油ガス田)。

ガスについては、パイプライン輸送や鉄道の貨物輸送などで北海道内各所の都市ガス事業者へ、原油については製紙会社、電力会社などに供給されている。

(略)

2012年 2011年冬より井戸から大量の水が出る事態が続いており、それによって生産量が4割ダウンしていることが報道された。石油資源開発株式会社は枯渇したとは考えていないと述べた。

これによって石油資源開発株式会社の2012年3月期の連結最終損益予想が従来の165億円の黒字から116億円の赤字に修正され、1970年の設立以来初の損失計上となる見込みとなった。

(略)

ガス滞留層
5,000メートル付近の大深度に広がる花崗岩及び礫岩層内のフラクチャー構造(き裂が入った構造体)に貯留されている。このような大深度の火山岩の貯留層の例は、日本国内では他に新潟県長岡市の南長岡ガス田などがある。




《備考》

☆オランダ、欧州最大のガス田を閉鎖へ 相次ぐ地震で
(2018年3月30日のAFP通信)

http://www.afpbb.com/articles/-/3169462

オランダ政府は、北部フローニンゲン(Groningen)州で被害をもたらす地震が頻発していることを受けて、同州にある欧州最大の天然ガス田におけるガス生産を大幅に縮小し、2030年までにはガス田を完全に閉鎖する。

(略)

マグニチュード(M)の低い地震が発生するのは、大規模なガス採取によって地下に巨大な空洞が生じることが原因とみられている。

ブログ アーカイブ