「橋下新党は“民衆の敵”を叩くことによって支持を拡大するのではないか」とのもっともな見方

6 名前:無党派さん
投稿日:2018/12/11(火) 10:16:41.12
ID:2LfGJ7pK0.net

橋下徹
野党は「市民連合」なる団体に近づく。野党は、市民連合なる団体が市民の支持をほとんど得ていないことすら分かっていないようだ。市民連合なる団体に近づけば近づくほど多くの票を失っていく。こんな単純なことにも気づかない今の野党は、しばらく国民多数の支持を得られそうにもない。
https://twitter.com/hashimoto_lo/status/1071238436734951424

          ↑

橋下新党に入るには
「市民連合と手を切ること」
が条件になりそうだな。    



11 名前:無党派さん
投稿日:2018/12/11(火) 10:39:00.90
ID:2aeODIyn0.net
橋下が大きな考え違いをしているのは
「自治労とは戦うが、民間労組とは手を結べる」と考えていること。
だから国民民主党を乗っ取れると。
しかし、連合主流派とて非主流派の官公労と別れるつもりはない。
昔の同盟と総評みたいな敵対関係に戻りたくない。
橋下は、そこが分かっていない。



13 名前:無党派さん
投稿日:2018/12/11(火) 10:43:43.50
ID:2LfGJ7pK0.net
そのへんは総評系労組を(注:「と」の誤りか?)話をつけた上でプロレスやるんだろ。


14 名前:無党派さん
投稿日:2018/12/11(火) 10:44:52.47
ID:2LfGJ7pK0.net
連合は非難していない。
橋下は連合を批判していない。
最近は官公労批判もしていない。
仮想敵を共産党と市民連合に絞った感じだな。



27 名前:無党派さん
投稿日:2018/12/11(火) 11:13:01.69
ID:Aqdv5un5d.net
とりあえず1つだけ言えるのは、
もし橋下新党が出来たら、1番ダメージを受けるのが立憲民主党だということ
来年の国政選挙で、議席を減らす可能性も出てくる



31 名前:無党派さん
投稿日:2018/12/11(火) 11:17:28.00
ID:2LfGJ7pK0.net
同意


30 名前:無党派さん
投稿日:2018/12/11(火) 11:16:15.51
ID:IIPifY9cp.net
橋下新党も民民(注:国民民主党)ベースで作るなら希望未満は確定だし、あの橋下にしてはセンスが無いとしか



34 名前:無党派さん
投稿日:2018/12/11(火) 11:19:38.57
ID:2LfGJ7pK0.net
いやいや。
橋下のカリスマや弁舌と国民民主党の大金庫が組めば十分に戦える。



▼元スレ
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/giin/1544488392/



《国鉄の分割民営化の際には、労働組合をパブリック・エナミー(民衆の敵)に仕立て上げて大成功した》

☆国鉄分割民営化 ~ 国労の解体

https://ja.wikipedia.org/wiki/国鉄分割民営化#国労の解体

国労は、サービス低下を理由に国民に分割・民営化反対を主張した。

政府側は、ヤミ休暇・ヤミ休憩・ヤミ超勤手当・カラ残業・酒気帯び勤務の常態化、服装規定違反などに代表される「民間企業ではあり得ない怠惰な労働環境や職員厚遇の維持である」と訴え、マスメディアは、相次いで国労批判のキャンペーンを張った。

1970年代に国労や動労が中心となって起こした、いわゆる遵法闘争は、国鉄のサービスの低下に繋がり、国民の怒りを買い、上尾事件や首都圏国電暴動などが起こるという事態まで起きており、職務怠慢といえる事故も多発した。

それらによって利用者の信頼を失った状況のなかで、国鉄運賃・料金の度重なる値上げが行われたこともあって旅客や貨物の他交通機関への逸走をも招いた。

また国労は、動労と内々に交わしたスト戦術の放棄すら、労働大会で決められないなど、組織内の路線対立が顕著で、意思統一が困難な状態に陥っていた。

これらの結果として、国労の主張に対して利用者・一般国民からの賛同は、全く得られなかった。

ブログ アーカイブ

NHKニュース

AFPBB News

swissinfo.ch (スイス)

スプートニク(ロシア)

TRT 日本語 (トルコ)

デモクラシー・ナウ

デモクラシー・ナウ 字幕動画

BBC News

Al Jazeera English

telesurenglish.net(南米)

PressTV (イラン)

ロシアトゥデイ

NBC News(米国)

New Zealand Herald

アル・アラビーヤ(中東)

コペンハーゲン・ポスト(デンマーク)

The Himalayan Times(パキスタン)

The Local(スウェーデン)

Namibian Broadcasting Corporation(ナミビア)

Radio Prague (チェコ)

Prague Post(チェコ)

Rudaw(イラク)

eNCA(南アフリカ)

Voice of Nigeria

ラジオ・ポーランド

The Moscow Times

The Daily Star (レバノン)

Taipei Times(台湾)