【自由党との合併】国民民主党の両院議員懇談会は来週以降に開催

☆自由党との合併構想をめぐる国民民主党の両院懇は来週以降に
(産経新聞)

https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/190320/plt19032011320008-n1.html

https://web.archive.org/web/20190320064725/https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/190320/plt19032011320008-n1.html

国民民主党は20日午前、拡大執行役員会を党本部で開き、自由党との合併構想をめぐり意見集約を図る両院議員懇談会について、来週以降に開く日程で再調整する方針を確認した。

           ↓

192 名前:無党派さん
投稿日:2019/03/20(水) 07:00:29.98
ID:R4d5qK4F0.net

報道見る限りそんなお前らが言うほどモメてるようにも難航してるようにも感じんのだけどな('◇')ゞ
まぁ確かに随分とチンタラやってるなとは思うけど、一応これ予定通りなんだろ?
地方組織の意見聞いて次は両院議員懇談会?とかで国会議員の意見を聞くというのは。
反対論が強くて会議が開けないという状況でもなさそうやんか。
最後は執行部一任でシャンシャンという流れだと思うんですけど
('◇')ゞ



▼元スレ
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/giin/1552703044/ 



《おまけ》

☆トウ芝

https://ja.wikipedia.org/wiki/トウ芝

鄧 芝(とう し、? - 251年)は、中国後漢末期から三国時代の行政官・武将・政治家。蜀漢に仕えた。字は伯苗。

(略)

223年、劉備死後の蜀は、跡を継いだ劉禅(後主)がまだ少年であり、魏・呉とも敵対しており危険な状態であった。

呉の孫権が劉備の在世時に和睦を求めてきており、劉備も費禕達を使者として派遣するなどしていたが、劉備の没後は態度を鮮明にしていなかった。

鄧芝は諸葛亮に請われて呉に使いし、蜀との和平に消極的となっていた孫権を相手に、巧みな弁舌で修好を回復させた。

孫権は魏と断交し、蜀と再び同盟を結ぶことを決め、張温を使者として蜀に送ってきた。

孫権は鄧芝の事を高く評価し、諸葛亮に手紙を送り賞賛した。

ブログ アーカイブ