「仮に参院選で敗北しても国民民主党の資金はまだまだ大丈夫」との見方

236 名前:無党派さん
投稿日:2019/03/09(土) 13:50:48.54
ID:Dewa275o0.net

国民民主の基盤は強い

組織と資金がある

そして支持率ゼロ

効率悪く大敗北必至


248 名前:無党派さん
投稿日:2019/03/09(土) 14:50:09.36
ID:RcyPynBe0.net
仮に大敗北しても金庫は残るし、立憲には渡らない。


249 名前:無党派さん
投稿日:2019/03/09(土) 14:55:12.94
ID:zJ9dgAnHa.net
参院選終われば助成金が激減する国民民主と激増する立憲民主
金庫の中身を食いつぶして死ぬ未来がみえる


257 名前:無党派さん
投稿日:2019/03/09(土) 17:27:20.12
ID:ltw9CcAMK.net
参院選後の政党交付金の国民民主党の減少と立憲民主党の増加は確実だが、「激減」と「激増」にはならない
政党交付金は、議員数割が半分で得票数割が半分
得票数割のうち、直近の衆院選の得票分が半分、参院選の得票分が半分
参院選は半数ごとの改選だから、参院選の得票分は前回参院選の得票と前々回参院選の得票の合算(平均)となっている
つまり、今回の参院選の得票分は、ざっくり全体の約八分の一相当になる
現在の国民民主党の政党交付金の得票数割分は、2017衆院選希望の党得票の大半+2013参院選民主党の得票と2016参院選民進党の得票の平均値
2013民主党の分が2019国民民主党と入れ替わる
議員数割でも、衆院と参院非改選の議席が大半を占めるから、参院選で国民民主党が惨敗しても、政党交付金が激減とはならない



258 名前:無党派さん
投稿日:2019/03/09(土) 18:12:13.33
ID:1AMUEHMM0.net
得票数割分で、2017衆院選希望の党得票の大半が
国民民主党のものになるルールなのか
政治団体としての継続性は無いのに



259 名前:無党派さん
投稿日:2019/03/09(土) 18:24:43.94
ID:ltw9CcAMK.net
政党要件としての継続性はある
(旧)希望の党は「国民党」と(新)希望の党に分割された
その後「国民党」が民進党に吸収合併され、国民民主党と改称された形
よって、政党交付金の2017衆院選希望の党の得票分も、国民民主党と(新)希望の党に分割される


261 名前:無党派さん
投稿日:2019/03/09(土) 18:28:39.32
ID:xuhNwzMw0.net
だから立民に行った連中の分党要求を足蹴にしたのか



278 名前:無党派さん
投稿日:2019/03/09(土) 19:49:48.06
ID:OIoS3/7vd.net
立憲は金は取りたかったけど民主の後継って認識は薄れたからマイナス面だけではない
支持率なければ消えるしかないから民民は金を取っても消滅する運命



291 名前:無党派さん
投稿日:2019/03/09(土) 20:52:17.88
ID:RkbjTea90.net
国民党ならその通りだが、
まだ維新がいるので維新と新党作ったら支持率がどうなるかはわからない。
維新に金を渡すのは嫌な感じだしな。
山口二郎とかはそれを嫌がって立憲と国民に合流してほしいみたいだが。



▼元スレ
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/giin/1551750427/



《おまけ》

☆項羽と劉邦 (小説) ~ あらすじ

https://ja.wikipedia.org/wiki/項羽と劉邦_(小説)#あらすじ

いくつかの城を落として局所的な勝利をおさめるものの、劉邦の南下を知った項羽は再び軍を率いて劉邦のもとへ殺到した。

漢軍の士卒は大潰乱の悪夢を思い出して震え上がるものの、しかし窮迫した事態は劉邦に天啓を与え、一帯の食料を賄う巨大穀倉庫である広武山を要塞化して立て籠もるという奇想天外な策を閃かせる。

劉邦にとって一世一代ともいえるこの妙策は当たり、楚軍は山を包囲しながらも次第に飢え始め、広武山の対陣は籠城側が飽食して攻囲側が飢えに苦しむという奇妙な籠城戦となった。

しかし劉邦が負傷したことによって漢軍も優位を保つことができなくなり、楚漢で天下を二分することを条件に劉邦は講和を申し出、項羽もこれを受け入れる。

ブログ アーカイブ

NHKニュース

AFPBB News

swissinfo.ch (スイス)

スプートニク(ロシア)

TRT 日本語 (トルコ)

デモクラシー・ナウ

デモクラシー・ナウ 字幕動画

BBC News

Al Jazeera English

telesurenglish.net(南米)

PressTV (イラン)

ロシアトゥデイ

NBC News(米国)

New Zealand Herald

アル・アラビーヤ(中東)

コペンハーゲン・ポスト(デンマーク)

The Himalayan Times(パキスタン)

The Local(スウェーデン)

Namibian Broadcasting Corporation(ナミビア)

Radio Prague (チェコ)

Prague Post(チェコ)

Rudaw(イラク)

eNCA(南アフリカ)

Voice of Nigeria

ラジオ・ポーランド

The Moscow Times

The Daily Star (レバノン)

Taipei Times(台湾)