2018年4月6日金曜日

【報復】山本真千子・大阪地検特捜部長にスキャンダルがないかと探索する動き

※ 児島 惟謙(こじま いけん、天保8年2月1日(1837年3月7日) ~ 1908年(明治41年)7月1日)は、明治時代の日本の司法官。訪日中のロシア皇太子が切りつけられて負傷した大津事件の際には、大審院長として司法権の政治部門からの独立を守り抜き、「護法の神様」などと高く評価された。
しかしその後の1892年6月、向島の待合で花札賭博に興じていたとして、児島を含む大審院判事6名が告発され、時の検事総長松岡康毅から懲戒裁判にかけられた。翌7月に証拠不十分により免訴になったが、児島は1894年4月、責任を取らされる形で大審院を辞職した(司法官弄花事件)。

https://twitter.com/moeruasia/status/982025691649794048

このブログを検索

ブログ アーカイブ

BBC News

Al Jazeera English

France 24

ロシア・トゥデイ

PressTV(イラン)

NBC News

ラジオ・ポーランド

Prague Post(チェコ)

The Local(スウェーデン)

New Zealand Herald

The Himalayan Times

Namibian Broadcasting Corporation

コペンハーゲン・ポスト

Voice of Nigeria

eNCA(南アフリカ)

teleSURtv.net(南米)

Rudaw(イラク)

Taipei Times(台湾)

アル・アラビーヤ

The Daily Star(レバノン)

The Moscow Times