【原発事故】甲状腺ガンの手術を受けた福島県内の子供のうち1割が再発していた!

☆甲状腺がんの再発1割、福島 原発事故当時6~15歳
(共同通信)

https://this.kiji.is/341626276584817761

東京電力福島第1原発事故の後、甲状腺がんと診断され手術を受けた福島県内の患者84人のうち約1割の8人ががんを再発し再手術を受けたことが、患者を支援しているNPO法人「3.11甲状腺がん子ども基金」(東京)の調査で28日、分かった。8人は事故当時6~15歳。



《英文医学論文「若年性甲状腺癌は再発率が高い」》

435 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)
投稿日:2014/11/15(土) 03:14:51.71 ID:XuKRVdi10

“The recurrence-free survival rate was 88.9% at 5 yr and 78.9% at 10
yr from initial operation.
Two patients died with a nonspecific disease cause. One patient died
with intracranial hemorrhage due to leukemia.
The other patient with disseminated rhbdomyosarcoma died with
multi-organ failure. No patients died of differentiated thyroid
carcinoma.
After the initial operation, five of the 14 patients with recurrence
had lung metastasis and were treated
with RI and thyroid stimulating hormone (TSH) suppression”(Suelkee P.
et al. 2013).

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3653081/




439 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)
投稿日:2014/11/15(土) 03:27:23.48 ID:XuKRVdi10
無再発生存率は、最初の手術から数えて5年で88.9%、10年では78.9%であった。(再発した14人の患者のうち)2人が不特定の疾患が原因で死亡した。
また1人の患者は白血病による頭蓋内出血によって死亡した。横紋筋肉腫を患った別の患者1人は、多臓器不全で死去した。分化型甲状腺癌で死亡した患者はいなかった。
最初の手術の後、再発した患者14人のうち5人が肺への転移を患い、放射性ヨウ素治療および甲状腺ホルモン抑制治療(TSH suppression)を受けた。



441 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)
投稿日:2014/11/15(土) 03:32:05.94 ID:XuKRVdi10

Juvenile thyroid cancer is known to have a high recurrence rate. The
rate may be as high as 40% in patients less than 20 years of age and
higher within the first 7 years of diagnosis.
Twenty year recurrence free survival is about 10% in patients
diagnosed at age 10 or less. In fact, age is a major determinant of
risk of recurrence, particularly in those younger than 10 years.
Overall younger patients have a poorer prognosis than those diagnosed
later in life. In spite of these data, it should be emphasized that
prognosis is still excellent with an overall survival rate of
95% for over a 12.9 years of follow-up in large series. Five and ten
year survival rates in pediatric patients with thyroid cancer have
been reported as high as 98-99%. However, the mortality rate may
become significant in cases with distant metastasis or recurrent
disease. In the latter, the cumulative mortality rate varies from
30-58% in a period of 12-20years”

(注:PDF  193ページ)
http://cdn.intechopen.com/pdfs-wm/33334.pdf



446 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)
投稿日:2014/11/15(土) 03:40:22.86 ID:XuKRVdi10

(訳)
若年性甲状腺癌は再発率が高いことで知られている。20才以下の患者では、診断から最初の7年間で再発率が40%もしくはそれ以上にも上る可能性がある。さらに、診断時年齢が10才もしくはそれ以下の患者では、20年間の無再発生存率はおよそ10%に過ぎないない。

事実、年齢はとりわけ10才以下の患者において再発リスクを決定する主要な要因である。全体として言えば、患者が若ければ若いほど、より高年齢の患者よりも予後がより悪い。これらの悪いデータがあるものの、それでも生命予後は良好であり、大規模な研究では12.9年間の総体生存率は95%とされている。5年から10年の生存率になると98-99%であり、とても良好である。しかしながら、遠隔転移もしくは再発疾患を伴う場合では、死亡率は著しく高くなる場合がありえる。後者(再発疾患)の場合、累積死亡率は12-20年の間に30-58%にも及んでいる

ブログ アーカイブ

NHKニュース

AFPBB News

swissinfo.ch (スイス)

スプートニク(ロシア)

TRT 日本語 (トルコ)

デモクラシー・ナウ

デモクラシー・ナウ 字幕動画

BBC News

Al Jazeera English

telesurenglish.net(南米)

PressTV (イラン)

ロシアトゥデイ

NBC News(米国)

New Zealand Herald

アル・アラビーヤ(中東)

コペンハーゲン・ポスト(デンマーク)

The Himalayan Times(パキスタン)

The Local(スウェーデン)

Namibian Broadcasting Corporation(ナミビア)

Radio Prague (チェコ)

Prague Post(チェコ)

Rudaw(イラク)

eNCA(南アフリカ)

Voice of Nigeria

ラジオ・ポーランド

The Moscow Times

The Daily Star (レバノン)

Taipei Times(台湾)