2018年8月8日水曜日

【メモ】米国CIAは「六価クロム」を使い反米政治家に癌を発症させて暗殺する能力を持っているとの説

※ 六価クロム(ろっかクロム、英: hexavalent chromium)は、クロムの化合物のうち、酸化数が +6 の Cr(VI) を含むものの総称である。
強い酸化作用から、六価クロムが皮膚や粘膜に付着した状態を放置すると、皮膚炎や腫瘍の原因になる。
特徴的な上気道炎の症状として、クロム酸工場の労働者に鼻中隔穿孔が多発したことが知られている。これは飛散した酸化剤や顔料などの六価クロムの粉末を、長期間に亘って鼻腔から吸収し続けて、鼻中隔に慢性的な潰瘍が継続した結果と考えられる。
また、その非常に強い酸化力によりDNAの損傷作用を持つため、発癌性物質としても扱われている。多量に肺に吸入すれば呼吸機能を阻害し、長期的には肺癌に繋がる。消化器系にも影響するとされ、長期間の摂取は肝臓障害・貧血・大腸癌・胃癌などの原因になりうる。


Chromium, Cancer, and the CIA
(Dissent Magazine)
https://www.dissentmagazine.org/online_articles/chromium-cancer-and-the-cia

このブログを検索

ブログ アーカイブ

BBC News

Al Jazeera English

France 24

ロシア・トゥデイ

PressTV(イラン)

NBC News

ラジオ・ポーランド

Prague Post(チェコ)

The Local(スウェーデン)

New Zealand Herald

The Himalayan Times

Namibian Broadcasting Corporation

コペンハーゲン・ポスト

Voice of Nigeria

eNCA(南アフリカ)

teleSURtv.net(南米)

Rudaw(イラク)

Taipei Times(台湾)

アル・アラビーヤ

The Daily Star(レバノン)

The Moscow Times