【アフリカ】エチオピアとエリトリアの関係が改善される兆し

※ エリトリア国(エリトリアこく)、通称エリトリアは、アフリカの角とよばれるアフリカの北東部にある国である。
西にスーダン、南にエチオピア、南東部にジブチと国境を接し、北は紅海に面し、紅海対岸側にはサウジアラビアとイエメンがある。1350km以上にも及ぶ紅海に面した長い海岸線を持ち、領海域には、およそ350の島があり、世界でも最も船舶交通が混雑する海域である。1991年5月29日にエチオピアからの独立を宣言し、1993年5月24日に独立が承認された。首都はアスマラ。
独立以降、書記長のイサイアス・アフェウェルキによって選出された国会議員で一党独裁状態が続いている。「アフリカのシンガポール」というスローガンを掲げて、同国を手本にした国作りを進めている。



「Ethiopia accepts peace deal to end Eritrea border war」

https://twitter.com/voiceofnigeria/status/1004132204190920705

ブログ アーカイブ

NHKニュース

AFPBB News - 総合新着記事100 -

SWI swissinfo.ch(スイス)

スプートニク日本 Sputnik Japan

TRT 日本語 (トルコ)

デモクラシー・ナウ  デイリーニュース

デモクラシー・ナウ  字幕動画

BBC News

Al Jazeera English

telesurenglish.net(南米)

PressTV (イラン)

ロシア・トゥディ

NBC News

New Zealand Herald

アル・アラビーヤ

コペンハーゲン・ポスト

The Himalayan Times

The Local(スウェーデン)

Namibian Broadcasting Corporation (ナミビア)

Radio Prague (チェコ)

Prague Post(チェコ)

Rudaw(イラク)

eNCA(南アフリカ)

Voice of Nigeria

thenews.pl(ポーランド)

The Moscow Times

The Daily Star (レバノン)

Taipei Times