このブログを検索

2017年9月14日木曜日

「前原ハニートラップ騒動」だが国会議事録を掘られると前原誠司氏にやはりダメージあるかも

※ 『おはよう寺ちゃん 活動中』(おはようてらちゃん かつどうちゅう)は、文化放送のラジオ番組。2013年4月1日開始。
パーソナリティは寺島尚正。午前5時台「朝刊的コラム番組」と6時台の「報道系情報番組」で構成されている。




201 名前:あなたの1票は無駄になりました@\(^o^)/
投稿日:2017/09/14(木) 05:58:43.27
ID:RgK21Rj40.net

おはよう寺ちゃん より

北朝鮮に工場誘致しようとしている繊維会社の幹部が工作員として有名
その人から北朝鮮旅行を誘われいく。
この写真を取られる。
旅行のあとに国会質問で北朝鮮に投資しろと質問。


▼元スレ
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1505286396/



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


第168回国会 予算委員会 第3号

平成十九年十月十日(水曜日)   午前九時開議

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/168/0018/16810100018003a.html

○前原委員 

 その上で二つ目に私が総理に御質問したいのは、安倍政権の北朝鮮政策を踏襲するのかしないのかということなんです。

 これはどういうことかといいますと、私は二月の十三日にこの予算委員会の場で午後質問いたしました。同じ時間帯に質問いたしました。そのときは六者協議の二・一三合意がまとまった後でした。そして、初期段階の措置、その後の措置、いろいろ決まった中で、私は安倍さんにこういう問いかけをいたしました。拉致の問題、核の問題、ミサイルの問題、すべて日本としては看過できない問題である、日朝平壌宣言というものは、それを解決しないと日朝国交正常化というものはしないんだということ、しかし、核の問題が仮に進展したとしても、拉致の問題の前進がなければ六者協議における支援の輪にも加わらないということは果たしていいのかという観点で私は質問をいたしました。

 その後、我が事務所には、メール、電話等かなりの抗議が来ました。中には、拉致被害者の前で腹を切れという脅迫文書も来ました。

 私は拉致問題を置き去りにしたらいいということを言っているわけじゃない。むしろ、トータルパッケージ、核の問題も、日本も、北朝鮮が前進を示すのであれば、協力をしながら、日朝間の協議というもののパイプをしっかり持って、そして、ほかの国任せ、南北の首脳会談があれば日本の言づけをする、米朝の会談があれば日本の言づけをする、そうじゃなくて、関与していく中で拉致の問題も主体的に日朝間で交渉していく。

そのためには、拉致の問題が進まなければ何もかも支援をしないということは、むしろ外交の裁量を狭めるんじゃないかということを私は申し上げて、その意味で、日朝平壌宣言に立ち戻って、主体的に関与して包括的な解決を目指す、そして、まさにその暁には日朝国交正常化というような道筋を選んでいく。

 拉致の軽視じゃないんですよ。日本が関与をしていく、外交カードをたくさん持っていくための主体的な行動なんです。そのためには、安倍政権のこの北朝鮮に対する態度は余りにもカードを持たな過ぎた。その点でこの方針を変えるおつもりはありますか。


○福田内閣総理大臣 私どもの考え方としては、やはり包括的に解決していくということが大事だというふうに思います。拉致が解決しなきゃ、それは困るわけですよ。核、この問題も解決してくれなきゃ困るんですよ。あわせて、ミサイルの問題も解決しなければ困るんです。
 ですから、その辺を、バランスをうまくとりながら包括的な解決に向けて努力をしていくというのが基本的な考え方です。


○前原委員 私は外交、安全保障に与党も野党もないと思っています。そういう意味では、今おっしゃったように、国益というものを重視して、むしろ拉致問題も含めて積極的に関与していく中で、この朝鮮半島、東アジアの安全保障、ひいてはそれが日本の国益につながる、そういう思いの中で、安倍さんの少しかたくなな強硬路線から転換をして、それがひいては、繰り返しになりますけれども、拉致の問題も含めたトータルの解決になるんだ、そういう思いでしっかりと私は外交を進めていただきたいということを申し上げて、私の質問を終わらせていただきます。

忍者ソーシャルボタン

ブログ アーカイブ